2010年11月 大阪の鉄チャン 頸城 で大はしゃぎ!


北陸本線直江津駅から一つ新潟側の黒井駅、ここに隣接した新黒井駅から頸城鉄道っちゅう軽便鉄道が走ってましてん
1971年の廃止後は一部の車両が兵庫県で大事に保管されてたんですわ
その車両が2004年に再び頸城に奇跡の里帰りを果たし
旧本社と車庫のあった百間町で頸城鉄道資料館として保存、定期的に一般公開されることになったんですな

里帰り資料館オープンの時にお手伝いして以来、久し振りに頸城に行ってきましてん
毎年イベントで公開してくれはるんですけど、なんでか他のイベントと重なったりするんですな
地元の人らを中心とした復元活動も着々と進んでるんですみたいで凄いことになってますねん

今回は非公開のプライベート撮影会に参加させてもらいましてん



旧 頸城鉄道本社前に佇むディーゼルカーのホジ3ですわ、懐かしい1960年代の雰囲気ですなぁ

ところが、これがこれが平成22年、西暦2010年の撮影なんですわ
白黒で焼いてセピア調にするとご覧の通り、現役当時と見間違える写真になりましてん

こうなったら今回の自分のテーマは「現役当時風に撮る」に決めまひょ




このホジ3型は1914年製の元お座敷客車ホトク1型を1932年にガソリンカーに改造し
1951年にディーゼルカーにと大改造された木造の名物車両で
車内中央にはエンジンのカバーがテーブルのように床から突き出ててユニークでしてん

綺麗に再塗装されてピカピカですわ、車内の座席のモケットも新品に貼り替えてますねん
車体が反れてるのが少し気になりますなぁ、でもそろそろ動態復元っちゅう噂もチラホラ聞こえて来まっせ




2号機はドイツの名門コッペル社の1911年製、廃線後1972年から数年間は西武山口線を走った経歴もありますねん
痛みが激しくて静態保存機なんですけど綺麗に塗装されて、おまけにこの日は煙の演出付きですわ
やっぱり蒸気機関車は煙があると格好良く見えますなぁ

この資料館の開館当初は線路がこのコッペルの先頭部辺りまでしかありませんでしてん
今は手前側に延伸されて先にはポイントも3箇所ありますわ、ホジが見えるところは新たに敷設された線路ですねん




旧頸城鉄道車庫をバックに主力3車両のそろい踏みですなぁ
この建物が再び車庫として活躍するなんて、いやこの建物が残っていたこと自体が奇跡ですなぁ
左のホジ3が居てる線路も新設ですわ、ここでは200mの長い直線がとれますねん
それ以上先は道路に当るんで伸ばせませんねん、せやなかったら保存の人はパワーがあるんでどんどん伸ばしはりまっせ




再現!、DC92型ディーゼル機関車が牽引する混合列車!、現役時代を彷彿させますなぁ、もうたまりませんわぁ
まけに、このDC92型ディーゼル機関車は2009年に動態復元されたんですわ
つまりこの編成で百間町の車庫の中を今から行ったり来たりしよるんですな、最高でっせ

このDC92は1914年コッペル製の蒸気機関車を1954年に協三工業でディーゼル機関車に改造したもんですねん




オープンデッキ付の客車をぶら下げた混合列車を見送る の情景、いやぁ〜素晴らしい!、柿の木もエエ雰囲気ですなぁ

客車のハ6型は1911年新潟鐵工所製、もと魚沼鉄道 鉄道省魚沼線を経て1949年に頸城鉄道にやって来ましてん
ダブルルーフとオープンデッキが古きよき時代を感じさせますなぁ、これも再塗装し整備が進んでますねん
側窓が1箇所壊れて閉まらん状態になってるのはやや残念ですな、次回に期待しまひょ




さてさて、旧塗色の頸城バスも登場
頸城鉄道は晩年は頸城鉄道自動車株式会社としてバス事業も行なってたんですな
鉄道からバスへのこんな乗り継ぎもきっとあった筈ですわ

さてさて、今からこのバスに乗って廃線跡めぐりですわ・・・




廃線跡巡りのチャーターバスでは元職員さんや地元のNPOの方が丁寧に案内してくれはりましてん
まだまだ築堤や橋梁が残ってるんですなぁ


浦川原の駅舎はそのままバスターミナルとなってますねん
かつての線路跡には高架橋が立っててその上を北越急行ほくほく線がビューンと走って行きますねん
残念ながらここには駅はありませんねん




廃線跡巡りから戻って来たらまだまだ撮影を続けますねん
DC92がホジ3を繋いで行ったり来たりしてますわ、体験乗車ですな





有蓋貨車のワは 鉄製と木造が1両ずつ、これから整備するとこですな

だんだん影が伸びて来ましたなぁ、手前に自分の影が入りそうですわ、普通やったら撮影を終了するとこですねんけど
今日はまだまだ粘りますねん




夕暮れが近づいても撮り続けまっせ、夕日が綺麗でしたなぁ、太陽ギラリ、してみまひょ




日が暮れてもまだまだ撮りますねん、バルブ撮影ですわ

これで本日の撮影はお開きにしまっせ


とまぁ、朝から晩まで百間町の車庫で遊ばせて貰いましてん

いやいや、まだまだ撮れていない編成モノがなんぼかありますなな
例えば ホジ3+ハ6 とか コッペル+ハ6 の旅客列車や、ホジ3+ト+ワ の混合列車とか
これらは次回の楽しみに置いときまひょ




今回は関係者・愛好家向けのプライベート撮影会と言うことで
特別に撮影に好都合になるように編成を組んだり並べたりして頂いております
また許可を得て安全な場所から撮影しております

ご協力頂いた「NPO法人くびきお宝のこす会」頸城自動車の皆様にはこの場をお借りしてお礼申し上げます


懐かしアルバム と言いながら実は上に掲げた平成22年撮影を白黒焼のセピア調にしただけの・・・




大阪の鉄チャン 頸城鉄道 アーカイブス

2005年6月 大阪の鉄チャン 百間町 で大はしゃぎ!

2004年12月 大阪の鉄チャン 六甲山中 で大はしゃぎ!



トップページにもどる マップにもどる