2010年5月 大阪の鉄チャン East i-D で大はしゃぎ!


ついに被写体の車両の名前がページタイトルになりましたなぁ
つまり最近はあんまり目新しいとこへ行ってないっちゅうことですわ

ところで East i-D ってなんでっしゃろ?



これが「East i-D」ですねん、「East」は東、つまりJR東日本のことですねん
「i」 はinspection(=検査、点検、監視)、「D」はDiesel(=気動車)

軌道や信号の状態を検測をしながら走るキヤE193系事業用車両ですねん




JRの車両ですねんけど、撮影地はJRとちゃいますねん、わたらせ渓谷鐡道ですねん

昭和の国鉄型キハ35と平成のJR型キヤが顔を合わせましてん
このキハ35、綺麗な色になってますねん




足尾ではトロッコ列車とも並びましてん、珍客ですな

茶色系の車両ばかりのわたらせ渓谷鐡道に爽やかな真っ白なディーゼルカー、目立ちますな



East i-Dは側線でしばし休憩


側面に大きく書かれたロゴ
お客さんを乗せない車両でも気合が十分

形式はキヤE193
気動車の「キ」と職用車(役所)の「ヤ」


反対側の先頭車はキクヤE193
パン屋さんみたいな形式ですな




珍しい列車やさかい川沿いの景色の良いところで撮りたくもなりますわなぁ
定時通過なら雲で陰ったところが、数分の遅延のお陰で綺麗に日が差したんですわ
ただ左側の山陰がどんどん伸びて来たんで、待ってる間は実はヒヤヒヤでしてん




East i-DはJR東日本に1本だけ在籍してますねん、(良く似た電車が別に1本あるんですけどな)
でJR東日本とJR北海道の非電化路線をひっそりと走ってるんで滅多にお目に掛かれませんねん

お客さんが乗られへん事業用車やのに前面スタイルにも気合が入ってますな
アニマルチックで可愛いんですわ
これよりもヤル気のないブッサイクな顔した有料特急列車もたくさん走ってるっちゅうのに




JRと乗入れをしている私鉄線も年に1度は走るんですな、せやからわたらせ渓谷鐡道にも来たんですわ
ディーゼルカーや言うても中間車には電化路線の検測用パンタグラフが2機載ってますねん

軽やかな警笛を吹鳴しながら走って行きましてん




トップページにもどる マップにもどる