大阪の鉄チャン 妙見口 で大はしゃぎ!


大阪の鉄チャンは大阪府池田市の出身、昔は良う能勢の妙見さんに山登りしに来ましたなぁ
今日は久しぶりに妙見山に来てますねん、何年ぶりでっしゃろか?

7月6日はナローの日 シリーズはまだ続きまっせ




能勢電鉄が運営する妙見ケーブルですわ
軌間はケーブルカーには珍しい1435mm、車体は1960年のナニワ工機製ですねん




ケーブル山上駅の近くで怪しい立看板を発見
シグナス森林鉄道? そんな鉄道が出来てたんですな
2001年に開業した新しい鉄道やそうですわ




これですわ、これがシグナス森林鉄道ですわ
軌間は15インチ(381mm) 正式な鉄道ではなくて遊園地の遊覧鉄道見たいなモンですな
バッテリー駆動の機関車は能勢電鉄平野工場謹製、気合が入ってますなぁ




爽やかな景色の中を走りますねん
機関車の前面窓をわざわざ3枚窓にしてますねん
両側の細長い楕円窓は役に立ってるのかどうか分かりまへんけど立山砂防軌道チックですなぁ
機関車は森林鉄道ちゅうよりも、どちらかと言うと北海道の簡易鉄道にあったような雰囲気ですな




これは絶対に乗ってみんとあきませんで、独特の振動が楽しいですわ
ドッグホーン形の線路配置になってて、ここが折り返しのアルタイル駅ですねん、このリバース線で来た方向に戻るんですな
ここでは一旦下車しての撮影タイムがありますねん




右端でしゃがんで連結器部分をドアップ撮影しているのが大きなお友達のS君(半ズボンでも40歳代)
そしてたまたま同乗してい小学生もS君に習って局部写真を撮影中
それを見た小学生のお母さんは呆れて大笑い、将来有望な若手に変な事を教え込んではいけませんな
(帰り道、バス停で再びこの親子と合流、お母さんに感謝されてしまいましたわ、これで良かったんやろか?)




実は客車にもモーターが付いたオールM車の3両編成ですわ、これで急勾配に挑むんですな

アプト式の区間とかもあるんですけど撮影でけへんかったんですわ
なにしろ天気が悪くてお客さんが殆ど来なかったんで
約1時間半の滞在中に1本しか列車が走らんかったんですわ


15インチ言うても十分に実用軌道になりますなぁ
最近、家の庭に15インチ軌道を敷設する人が増えてるらしいんですわ
きっと楽しいですやろな

これをナローゲージと言うかどうかは難しいですねんけど、まぁ楽しかったらエエんですわ



トップページにもどる マップにもどる