2008年8月 大阪の鉄チャン 東岩瀬 で大はしゃぎ!


東岩瀬って、これまた超マイナーな駅ですわ、富山県ですねん
隣の駅の前には勤務先の親会社の子会社(ややこしい表現ですな)の工場があるんですわ
今日は有給休暇を取って写真を撮りに来たんですけど
そこの看板を見ると何やら親会社に見張られてる様で落ち着きませんわ

ここは少し前まではJRの富山港線が走ってたんですけど、それやったら別に構いませんねんけど・・・・
2006年にJRを引き継いで新世紀の鉄道「富山ライトレール」が開業したんですわ





会社名のとおりのライト・レール・トランジット(LRT)が走りますねん、乗り降りし易い、人に優しい、路面電車と郊外電車の合体発展形
富山駅前の市街地には新たに道路上に線路を敷いたんですな
新しい流線型のLRV(ライト・レール・ベヒクル)が路面を滑るように走って来るんですわ




この電車はポートラムっちゅうんですな、富山港の港のポートと路面電車のトラムを掛けてるんですわ
国鉄〜JR時代に比べて駅が増えて列車も増発、それによってお客さんも増えてるらしいですわ
日本中でもLRTの成功例として注目の的ですねん




ここが東岩瀬ですねん、森バック区間なんですけど、線路が南北方向に走ってて北側にパンタグラフがあるんですな
せやから前パン側(パンタグラフが先頭車の前にある側)を順光で撮るのは至難の業ですわ
補足;森バックやけど前パンだけは空に抜きたい、これが私の願望ですねん




富山ライトレールの車両は編成ごとに色が違いますねん、楽しいですな
どの車両を見ても綺麗に手入れしてはるんで乗っても気持ちいいですわ


ここが日本のライトレールで最も完成度が高いと思いますねん
鉄道廃止に向いていた国鉄〜JR時代に比べて明らかにお客さんの数は増えてますわ
やっぱり柔軟な考え方を持たんとあきませんなぁ

富山ライトレールと富山地方鉄道市内電車と近郊のバスが乗り放題の
フリー切符が800円で発売されてますねん、乗り降り派にはお得でっせ




トップページにもどる マップにもどる