2008年2月 大阪の鉄チャン 嘉瀬 で大はしゃぎ!


嘉瀬(かせ)ですわ、太宰治ゆかりのまち金木、の隣の駅ですねん、言うたら分かってもらえるんちゃいますやろか
青森県は津軽半島、そこを走る津軽鉄道には冬の名物、風物詩がありますねん
寒い季節にわざわざ寒い所に行って来ましてん



津軽鉄道の主力はこの「走れメロス号」ですねん、業界では軽快気動車と呼ばれてる新しいヤツですな、メロスだけに良う走りますわ
ま、とりあえず早う撮影のポジション決めまひょ、試し撮りしまひょ
架線支柱が無い非電化路線では、列車の大きさを推測する比較対象が無くて列車の大きさが掴まれへん
空が必要以上にあき過ぎたり、編成のおしりが切れてしまったりするんで、気をつけなあきませんねん




で、今回のお目当てはこれですわ、旧型のディーゼル機関車が牽引するストーブ列車ですねん
3両目と4両目の古い客車の屋根に煙突が見えてまっしゃろ?、車内に石炭ストーブがありますねん
今シーズンからストーブ列車に乗るには特別料金が必要になりましてん
で2両目に料金不要のディーゼルカーが連結されてるんですわ、ストーブは付いてませんけど暖房は効いてまっせ




茶色の機関車はロッド式っちゅうて動輪をロッドで繋いで動力を伝達する、今となっては貴重な方式ですわ
で、ロッドがチャカチャカ音を立てながら走って行きますねん、1959年製で今なお元気でっせ
古い機関車と古い客車の間に新しいディーゼルカーが挟まってますねんな、ちょっとアンバランスですな
ここには古いディーゼルカーも居てる筈なんで、それを連結してくれたらもっと嬉しいんですけどな




ディーゼルカーがストーブ列車に引っ張られて走って行くところですねんけど
写真に撮ってみたらディーゼルカーが客車2両を引っ張ってる様に見えますな、力強く見えますな
このあたりは冬は地吹雪が凄いんですけど、日頃の行いが良いせいか今日は気持ちエエ晴れの天気ですわ
津軽鉄道の撮影地は冬でも比較的足場のエエところが多いですな、でも十分な防寒装備は必要でっせ




この日の運転を終えて五所川原駅で入換作業を行なってるところですわ、
昭和20年代に生まれた旧型客車が走る鉄道は全国的にも珍しくなりましたなぁ

ま、ストーブ列車にいっぺん乗ってみはることが一番でっせ、冬やないとあきませんで、夏場は走ってませんで


ストーブ列車はツアーに組み込まれたりもしてて、この日も結構お客さんが乗ってはりましたわ



大阪の鉄チャン ミニグルメ!

津軽鉄道はねぶたの本場JR五能線の五所川原駅が起点になってるんですけど、その駅前のバス待合室にエエとこありますねん
そこの一角にあるうどん屋さんが美味しいですねん、毎回ここ来たら寄りますねん、冷えた体をうどんで暖めまひょか
何にしまひょ、じょんがらそばも捨てがたいですなぁ、でも今回は高級メニューの「たちねぶたうどん500円也」を頂きまひょ
大きな海老のてんぷらがまさに「たちねぶた」ですねん、あと山菜と山芋(ここでは雪見うどんちゅうんですわ、お洒落〜)が満載
お店のおっちゃんとおばちゃんが話し掛けてくれるんですけど、津軽弁が異国語に聞こえて分からんトコがありますねん
デザートは左隣の回転焼屋さん、「一つだけ」注文言うたら熱いやつを紙袋に入れてくれますねん、これまた最高!、白あん最高!


過去の津軽鉄道訪問記録

2003年5月 大阪の鉄チャン 津軽 で大はしゃぎ !


トップページにもどる マップにもどる