2008年2月 大阪の鉄チャン 義塾高校前 で大はしゃぎ!


これまたローカルですなぁ、義塾高校前っちゅう名前の駅は弘南鉄道の大鰐線、青森県にあるんですわ
今年の冬は寒いところシリーズで攻めていきまひょか
寒い時やないと走らへんスゴいのが居てますねん



先ずは石川プール前に行ってみまひょ、さすがにこの時期は雪が積もってますなぁ
銀色の電車が走って来ましたわ。7000系は元は東京の東急電車ですねん
ま、この電車は年中走ってるんで、まぁ良しとしときまひょ、今回のお目当てはこれとはちゃいますねん
雪がやんでる今のうちに来て欲しいですなぁ





来タァ〜!! これが見たかったんですわ、 厳つい顔してますなぁ、鉄人みたいですわ、「ラッセル車」言うて雪かき車の一種ですねん
線路の際の雪を掻き分けながらゆっくりと走るんですわ、雪国ではこれが無いと列車が走れませんねん
このキ105形ラッセル車は1937年製造、もう70歳を超えていながらも今なお現役ですわ
冬場でも雪の多い日だけ走るんですな、毎日走っている訳ではないんで雪の降りそうな日に行かんとあきませんねん





このラッセル車を後押ししている凸型のED221形電気機関車は1926年製造、80歳を超えている年代モンですねん
それも由緒正しい米国ウエスチングハウス製、信州、関東、近江、山陰での活躍を経てこの地にやって来たんですわ
綺麗に手入れされてますねんけど、雪を巻き上げてるんで霞んでしまいましてん





ここが義塾高校前の傍の踏切ですわ、冬場は道路が完全に閉鎖されてて、ここまで行くのは大変ですねん
雪の無い時期に地形を十分に把握しとかんと危ないでっせ、遭難しまっせ
コース取りを間違うたら腰ぐらいまではすぐに埋まりますねん、一人では行かん方がよろしいですな
この日は2時間ほど前に雪を踏み固めて歩くところを確保しといいたんですけど、効果無かったですわ
膝まで雪に埋まりながら必死で走って辿り着いて、間一髪で撮った一枚、ピント甘かったのをデジタルで誤魔化してますねん




弘南鉄道には大鰐線とは繋がっていない弘前線っちゅうのんもありまして、ここにもラッセル車がありますねん
キ104形っちゅうて同じ形式で、こっちは1929年製造ですわ
これは雪掻きを終え機関車に引かれて車庫に帰るところなんですけど
この引っ張ってるED333形機関車がこれまた1923年ウエスチングハウス製造と、年代モンですわ




おっ? 電車の顔だけが走って来ましたでぇ!、お化けや!、お化けや!、ってそんな訳おまへん
パウダースノーが積もってる所に勢いよく電車が走ってくるとこうなりますねん
自分の巻き上げた雪で自分の身を隠しよるんですわ、忍法ですな、 一応これでも2両編成なんでっせ



ラッセル車の運転だけやのうて、ポイント分岐のところなんかはスコップとかツルハシとかで人力で除雪しはるんですわ
時間通りに列車を走らせる為には苦労がありますねんなぁ、有難いですなぁ



過去の 弘南鉄道大はしゃぎ! は

2006年12月 大阪の鉄チャン 石川プール前 で大はしゃぎ!

  2002年8月 大阪の鉄チャン 大鰐 で大はしゃぎ!



トップページにもどる マップにもどる