2007年10月 大阪の鉄チャン 海老名 で大はしゃぎ!
 

10月ですなぁ、「鉄道の日」月間が始まりましたなぁ
毎年この時期には鉄道会社各社がこぞって色んなイベントをやりはるんですわ
普段見ることの無い列車が現れたりで、鉄チャンは刺激されますねん

で、ウキウキワクワクしながら「ファミリー鉄道展2007」へ行って来ましてん
小田急電鉄の海老名電車基地ですわ、毎年この時期には一般公開イベントが開催されますねん



車両撮影会が一番人気ですねん、エラい並びましたなぁ、ココまで来るのに長蛇の列で1時間半、鉄チャンも体力勝負ですなぁ
もうすぐ順番が回ってきますなぁ、ところがどっこい、右端の電車のおデコに架線支柱の影が掛かってますなぁ
こりゃあきませんわ、もう少しあとの方がよろしいな、見送りまひょ、もっぺん並びまひょ




本日の主役その1 その1は3000形SSE車ですわ、晩年の姿ですなぁ、懐かしいですなぁ
1957年製、最新技術を結集し、当時の狭軌世界最高速度147キロを記録
 引退後1993年から狭い倉庫の中に保存されてたんですわ、それが14年ぶりに太陽の下に出てきてくれたんですなぁ
これを見たいために何時間も並んだんですわ




本日の主役その2 NSE 3100系ですわ、1963年製、2000年に現役引退、
ロマンスカー言うたらこのスタイルですわ、昔は絵本にも必ずでてきましたなぁ
運転席が2階にあるのでお客さんは一番前に座れるんですわ、海老名基地の一般公開では毎回参加してくれますねん




本日の主役その3 LSE 7000系ですわ 1980年登場、まだまだ現役、見晴らしも最高
やっぱ「前面展望車の無いロマンスカー」は「クリープを入れへん珈琲」みたいですな
最近懐かしの旧塗装に復元されたのがこれなんですわ




懐かしの小田急ロマンスカー勢ぞろい! この3本が並ぶのも現代では軌跡に近いですなぁ
どれもウルトラマンに似た色してますさかい、ウルトラ3兄弟みたいですねん
おまけに左から右に順番に進化していくのが分かりますわ




で、本日の主役その4 60000系MSEですねん、メタリックが眩しいですなぁ
オランダの画家にちなんだフェルメールブルーっちゅう色ですねんけど、鉄道車両には斬新ですなぁ
出来立てホヤホヤ、来春から地下鉄千代田線に乗り入れる直通特急専用車ですわ
小田急電鉄さんにとっては「本日の主役その1」やった筈ですねんけど、古い電車好きの私にとっては・・・まぁ許してんかぁ




もう1回、更にまたまた1時間半も並んだ2回目には、ようやく綺麗な光線で撮れましたわ
今年は小田急電鉄開業80周年、特急運転開始50周年
ちゅうことで歴代のロマンスカーと未来のロマンスカーが勢ぞろいしましてん




バラスト(線路の砂利)を突き固めるための事業用車両も展示、実演されてましてん
この車両は業界ではマルチプルタイタンパー、略して「マルタイ」と呼ばれてるんですな
私らマルタイ言うたら「味のマルタイ 棒ラーメン」ですわ、学生時代の夜食の定番、大変お世話になりました
昔からヘルシーなノンフライ麺、大阪のスーパーでは良う見掛けるんですけど関東ではさっぱり見まへん、寂しいですなぁ




実はこれも目玉商品、登場当時の姿に復元されたSE車3000系、丸いですなぁ、これも14年ぶりの屋外展示ですわ
天気が余りにも良過ぎて、予想通り逆光で上手く撮れませんでしてん
これを見るために実は開場の1時間半も前から1回並んでましてん、つまりこの日は3回、合計4時間半も並んだんですなぁ
鉄チャンは体力勝負やけど疲れましたなぁ、でも何か満足感のあった1日なんですわ




駅前のショッピングセンターは「エビナ」やさかい「ビナウォーク」ちゅうんですわ、なんで「エビウォーク」にならへんかったんやろ?
で横文字で書くと「ViNAWALK」、これをカタカナになおすと「ヴィナウォーク」、ヴィの発音は下唇を噛んで・・・もうエエっちゅうねん
そこで、なんと中をSLが走ってますねん、「ビナポッポ」いいますねん
  ちゅうても電動カートが人車を引っ張ってるんですけど、編成モンはよろしいですなぁ
機関士のオネーちゃんが一番楽しそうですなぁ



大阪の鉄チャンアーカイブス


向ヶ丘遊園で走っていた豆汽車も
小田急ロマンスカーと同じ色してましてん
これまた懐かしいですなぁ


トップページにもどる マップにもどる