2007年4月 大阪の鉄チャン 足尾 で大はしゃぎ!


「足尾」言うたら栃木県、色んな話はありますが、日本の近代化産業では重要なところですわ
国鉄足尾線時代には銅山からの出荷でC12形蒸気機関車の牽引する貨物列車が有名でしたらしいんですわ
今は第三セクター「わたらせ渓谷鉄道」になってますねんけど、経営状態はよろしくないようですな
何とかせなあきませんなぁ、どうやったら大勢の人達に来てもらえるんでっしゃろか?
祭をしまひょ、地元の人達総出で頑張りましたでぇ〜




これが「わたらせ渓谷鉄道」のディーゼルカーですわ、栗色は渋いですなぁ、私の故郷の阪急電車を思い出しますなぁ
ま、何っちゅうても景色がエエ所を走るんですわ、川沿いの車窓は見飽きませんで
足尾からは路線バスで日光方面にも行けまっせ、これ、もっと宣伝せなあきませんなぁ




足尾駅前で出迎えてくれた2両の小型のディーゼル機関車、色褪せてますなぁ、痛んでますなぁ、廃車体でっしゃろか?
この機関車は足尾銅山が活況の頃には貨車の入換に大活躍したらしいんですわ、もう20年以上も昔の話ですわ
そのままずっと放置されてたんですなぁ  せやけど、向こう側の車両は点検蓋が開いててテールランプも点いてまっせ、もしや??




前の機関車は協三工業製、後ろの機関車は日本輸送機(ニチユ)製、チョッと昔の貨物駅では良うある光景でしたなぁ
せやけど、2両とも今では珍しいロッド式ですわ、かなりの年代モンですな、機関車には古河鉱業鰍チて書いてありますわ
今でも古河機械金属鰍フ関連会社が付近の線路と共に保有、ココだけの話、実はこれが今回の祭りの主役ですねん



今日は第一回の「足尾駅祭」ですねん、「駅祭」って、何があるんでっしゃろなぁ?、楽しみですなぁ




わたらせ渓谷鉄道ご自慢のトロッコ列車ですわ、景色のエエ渓谷を走りますねん
今日はこの列車が大勢のお客さんを足尾に運んできてくれたそうな
マニア的なことを言うときますと中間のトロッコ2両は京王電鉄の5000系電車を改造したんでっせ



「足尾駅祭」が始まりましたでぇ〜
早速、ビッグバンドのジャズありーの、八木節ありーの、子供たちの銅太鼓ありーの
駅前広場はエラい賑やか、これでトロッコ列車をお出迎えですわ



その昔、足尾の町を縦横無尽に走ったとされるフォード製の
軽便ガソリン機関車をモデルに2.6分の1に縮小した豆汽車
当時と同じくガソリンエンジンで復活!
ガソリン機関車は自動車のエンジンを流用したんでっしゃろな、
ボンネットが可愛らしいですわ、昭和20年代後半まで走ってたそうな
これはGゲージの模型ですねん




現在のわたらせ渓谷鉄道をモデルにした豆汽車もありまっせ
こちらはバッテリー駆動で静かですわ

子供たちに大人気終日フル運行でしてん
手漕ぎの人力トロッコ動車、「テトロ」のデモ運転ですわ
ハンドルを手で回すとトロッコが走るんですわ
エコロジーですなぁ、これも結構な人気でしたで



プラレールコーナーはいつの時代にも
子供たちにいつでも大人気ですわ
Nゲージ鉄道模型のレイアウト制作実演では
足尾線の鉄橋をモチーフに延々と作業が続けられてましてん




でも、鉄チャン向だけのイベントとはちゃいまっせ!!!

露店では地元名産の旨いモンが・・・日光駅の駅弁、岩魚丸焼き、鹿ハム、豚足、おでん、でっかいコロッケ、焼きたてパン
焼きそば、美味しい珈琲・・・それに皇海麺、(すかいめん、ってこりゃ読めんわな)っちゅううどん、どれも美味しか〜
んで、大正時代に作られた貨物駅ホームは現存、そこではフリーマーケットが盛況でしたわ





で、いよいよ20年ぶりに黄色い小さな入換機関車が走ったんですわ、小さい言うても線路の幅は1067mm、本物の鉄道でっせ!!
このい機関車はもう絶対に動くことは無いと言われてたんですけど、地元ボランティアの方々がこの日の為に整備したんですな
ロッド式の機関車で走れる状態にあるのンは全国的にも貴重でっせ、安全第一、ゆ〜っくりと走ったんですわ




日本輸送機製のは半キャブっちゅて呼ばれてるんですわ、でもキャブ(運転台)は4分の3あるんで半分ちゅうのんはチョッと損した気分
「半分以上ありまっせ!!」、で、単機続行運転の後は重連運転があったんですわ、この時の連結作業は職人技!やったんでっせ
音も振動も無く、連結ピンの落ちる音だけが「カチャン」、見てた人達からは拍手喝采でしたわ




ここ足尾ではまだ桜が咲いてるんですなぁ
お昼休み、しばしの休憩ですねん、こうなったら廃車体には見えしませんなぁ
動輪2軸をつなぐロッドが渋いですなぁ、ホビーショップモアはん!16番で もっぺん製品化してくれはりませんか〜!!




少し前までは国鉄時代の気動車キハ35は駅舎からちょっと離れた所にあったんですけど
今回のイベントの為にきっちりとホームに横付けされましてん
車内では資料館として色々な展示が施されて、これまた大活躍しましてん



国鉄から分離された第三セクター私鉄はどこも経営状態が芳しくないんですな、何とかせにゃいかん
で、今回の「足尾駅祭」では多くのボランティアの人達が頑張ってくれはりましてん
その甲斐もあって大勢のお客さんが全国から来てくれはったんですわ

鉄道は地域の動脈ですねん、無くなったらアカんのですわ
足尾駅祭、第二回、第三回と続いて欲しいですなぁ

足尾には歴史館とか銅山観光とか、近代産業遺跡とかもありますねん
いっぺんゆっくりと散策してみてはどうでっか?


足尾にはエエ温泉がありますねん
国民宿舎かじか荘では日帰り温泉600円也、露天風呂もありまっせ
ロッカー100円、タオルは持参のこと


トップページにもどる マップにもどる