2006年11月 大阪の鉄チャン 会津宮下 で大はしゃぎ!


秋ですなぁ、紅葉の綺麗なところに行きたいですなぁ、紅葉に映える列車を撮りたいですなぁ
んなら、JR東日本の只見線へ行ってみまひょか〜、福島県ですわ、大阪の鉄チャンからはエラい遠いですなぁ



うぉ〜、紅葉も凄いですけど、鉄橋もエエ雰囲気ですけど、走ってる列車がこれまた渋いですなぁ
ゆ〜〜っくりと走って来ましてん、乗ってるお客さんにも撮ってる鉄チャンにも有難いですわ
この列車は特別仕立ての臨時列車やそうですねん




4両編成やけど3種類の色が混ざってますなぁ、この不統一さがエエんですわ
今から30年前、国鉄時代のローカル線ではこんな列車がたくさん走ってたんですわ
急行用車両も普通車両も新しいのも古いのんも関係おまへん、つなげるヤツは何でもつなぐんですわ




先頭車両は国鉄一般色言うて30年前のディーゼル普通列車に良く見られた塗り分けですねん、ローカルっぽくて好きな色ですなぁ
2両目は専門用語では首都圏色っちゅうんですが、巷ではタラコ色いわれてますねん、約20年前に一般色を駆逐した憎き色なんですけど
今となってはこのタラコ色も貴重な存在ですわ、違う色に変わってたのを今回特別にタラコ色に戻したらしいですわ





後ろの2両は国鉄急行色言うんですわ、急行列車がほとんど無くなった現在、この色も全国的には希少になってますわ
この懐かしい3色の車両がひとつの列車として走るところが今回の目玉ですねんな
赤系統のディーゼルカーは紅葉の景色とマッチするんですなぁ、日没の影が迫って来ましたわ、間一髪でっせ




子供の頃、猪名川の土手から対岸の福知山線を眺めてた時を思い出すチグハグ色の編成ですわ、懐かしいですなぁ


遠いところまで鉄チャンしに出掛けて来ましたけど、良かったですなぁ
本の写真でしか見たことの無かった列車を自分のカメラに収める、っちゅうのんは幸せな気分になりますわ



トップページにもどる マップにもどる