2005年11月 大阪の鉄チャン 緑木 で大はしゃぎ!


緑木って、どこですかいなぁ?駅名では見当たりませんなぁ、せやけど、大阪のベテラン鉄チャンはご存知ですわ
そう、大阪市交通局、つまり市営地下鉄の四ツ橋線の車庫がある所の地名ですけど
実は1969年(昭和44年)に惜しくも全廃された大阪市電の車両とか古い地下鉄が保存されてる所なんですわ

毎年一般公開されてるんですけど、久々に覗いて来ましてん



今回の目玉はこれですわ、大事に保存されてた昭和8年(1933年)地下鉄御堂筋線開業時の車両
1969年に引退した後、1972年に登場当時の姿に復元されてたんですなぁ、久々に屋外に姿を現しましてん
混雑会場で見物人が入らんように僅かな瞬間を狙った撮影、苦労しましたわ〜




毎日、四ツ橋線で活躍しているのはこの23系シリーズですねん、御堂筋、谷町、中央、千日前の各線共通の顔ですわ
四ツ橋線は地上走行区間が有らしませんので、屋外でお目に掛かる機会は滅多におまへん
今日は順光で撮影できる数少ないチャンス!、と言いながら、フェンスがチョッと車両に近すぎまっせ。。





市電保存館はこんな感じですわ、長期保存を考慮して建屋の中に仕舞ってあるんですわ
形式写真を撮ったりするのんは全く無理ですなぁ、構造上、簡単に屋外に出ることも出来そうに無いんですな
以前は屋外で見物したことが有りましてんけど、仕方ないですなぁ



大阪の鉄チャン、アーカイブス

現在は建屋の中に保管されてる大阪市電の保存車両、かつては屋外展示もされてたんですわ
この頃は一般公開の日でもガラガラ、良う空いてましたなぁ

明治37年頃に日本でも2階建の路面電車が走ってたんですわ
2階席はビューゲルとか架線に近くて感電怖いですなぁ

明治45年頃の30号車はいかにも古典形っちゅう感じですなぁ
この展示では後ろの紅白の幕が目出度かったですわ

明治末期の528号は大型ですわ
私らが知ってるよりも一時代前のスタイルですねん

昭和4年生の1644号、この仲間は今でも広島電鉄で
改造されてますけど、同んなじ色で、現役で活躍してるんでっせ

昭和31年製、市電最後の新型車3050号車
仲間はこれまた広島で主力として活躍してますわ

大正14年製の25号散水車、でっかいタンク積んでますわ
未舗装道路が多かった当時には大活躍だったそうな




当時は四つ橋線にもまだこんな車両が走ってたんですなぁ今は新20系に統一されてますわ
左の3562は系統番号表示窓が埋められてたり貫通幌枠があったりの元8000系、右は元北大阪急行7000系



広島に行ったら元の大阪市電が今でも現役で走ってまっせ大阪時代と同じ色でっせ


せやけど、市電を知らない世代の方々が大勢、一般公開日に来てくれはるのも嬉しいことですわ
乗り降りし易い、環境に優しい路面電車は永遠の存在ですねん、市電がどっかで復活しませんやろか?
地下深いところまで階段降りて地下鉄に乗るのんて齢とったら不便になるのとちゃいますやろか〜?



トップページにもどる マップにもどる