2004年9月 大阪の鉄チャン 古里 で大はしゃぎ!


「古里」って書いて「ふるさと」って読みますねん
こんな名前の駅が十和田観光電鉄にありますねん、エエ響きですなぁ
てな訳で、今日は青森県の十和田に来てるんですわ
2年前に旧型電車の置き換えが完了したらしいんで
古電車愛好家には今どないなってるのんか心配ですわ




最近走ってるのんはATSを搭載した銀色の新型電車ばっかりになりましてん (っちゅうても東急目蒲線のお古ですねんけど)
この電車は前面が「く」の字型に傾斜してダイヤモンドカットと呼ばれてますねん、東急車としては格好よろしい方ですわ




これももとは目蒲線の1942年製の電車、目蒲線当時の緑色に復元されてるんですけど
十和田で新たに運転台を増設したんで顔つきがちょっと変わってますねん、そのゲテっぽい所がたまりませんねん
普段は予備車扱いで滅多に走りませんねん、今日はたまたま走ってるみたいですわ




「古里」駅を駆け抜けるモハ3401号は十和田観光のオリジナル電車、明るくてスマートですなぁ
これも普段は予備車,と言うよりも動態保存車に近い状況で、なかなか走らんみたいですわ、偶然ですなぁ
おやおや? 後ろにぶら下がっている黒い物体は?




なんと、実は小さな貨車を1両つないだ混合列車でしてん、十和田でこんな編成が走ってるのを見たんは初めてですわ
いかにも古い感じの木製無蓋車トラ301は最近整備されたらしく黒の塗装が綺麗ですなぁ
で、今日は何を貨車で運ぶんですやろか?




で、今度は、あららら!! なんと凸型の電気機関車が貨車と電車を引っ張って走って来ましたわ
こんな機関車、まだ現役で居てたんですなぁ、知りませんでしたわ
1951年製のED301型言うて、貨物輸送が無くなって10数年、これまた滅多に出番が無いそうですねん

今日は変わった列車がぎょうさん走って来るんですけど、なんかあったんでっしゃろか?




最後は電気機関車重連の編成が、高い汽笛の音を残して森の中へ消えて行ったんですわ

今日は次から次へと珍しい列車が走って来たんですけど、ホンマ偶然でっしゃろか?スゴすぎる〜



新しい銀色の電車に混じって赤クリームの古い車両の活躍も確認できて一安心

十和田観光電鉄は小さな鉄道ですけど、色んな種類の車両があって面白いですなぁ
大阪からはチョっと行き辛いのが難点ですわ


過去の訪問記録はこちら
2002年8月 大阪の鉄チャン十和田で大はしゃぎ


トップページにもどる マップにもどる