2004年8月 大阪の鉄チャン 尾小屋 で大はしゃぎ!


北陸小松を起点にした16.8キロに及ぶ軽便、尾小屋鉄道は昭和52年に廃止されましてん
現役時代に訪問しておきたかったなぁ、と言いながら当時は中学生で軽便の存在すら良う分かりませんでしたわ

末期の車両は大事に保存されてまして一部は常時公開されてるんですけど
この夏、滅多に公開されない2両を見る機会がありましてん




これがバスケットカー(荷物用のかごがついている)のキハ2
赤門軽便保存会さんが大切に保管してはりますけど、普段は公開されてませんねん
年に2〜3回メンテナンスを兼ねて動かしているそうですわ
ディーゼルなんですけど、久々なもんで、もの凄い白煙噴いてますねん、排ガス規制大丈夫なんやろか?




ここが旧 尾小屋駅跡ですねん、駅舎とかは残って無いんですけど
後ろの木造家屋とかが、山間の小駅っちゅうエエ雰囲気ですねん




小さな丸い客車のホハフ7ですわ、ここにはこの2両が保存されてますねん
こんな列車でコトコト揺られて、のんびりとしたひとときを過ごして見たいもんですな




この日は「なつかしの尾小屋鉄道を守る会」発足20周年記念式典と
キハ3動態復元披露イベントも行われましてん、もっと長距離を走らせてやりたいですなぁ
5号蒸気機関車の発煙筒による煙の演出もよろしいですなぁ




近所に尾小屋鉱山資料館っちゅうのがありますねん
坑道トロッコが保存されてるんですわ



採掘の実演、ではなくて人形ですわ





翌日は粟津のなかよし公園でも大運転が実施されましてん




オールキャスト揃い踏みですわ



昨年夏にも ここ尾小屋鉄道で大はしゃぎ!してましてん

2003年7月 大阪の鉄チャン 小松で大はしゃぎ!



トップページにもどる マップにもどる