2004年8月 大阪の鉄チャン 江波 で大はしゃぎ!


江波って書いて「えば」って読みますねん、どこか知ってはりますか?
「えば」言うてもマリアとかルナの仲間ちゃいまっせ、ってそらあんた、ゴールデンハーフやがな〜(古い!)
「えば」言うてもエチレン−酢酸ビニル共重合樹脂とちゃいますなぁ、そらあんた、私の仕事ネタですがな〜
「えば」っちゅうのんは広島電鉄の路面電車の車庫のあるところですねん

ここ広島電鉄には全国各地で引退した路面電車が集められて活躍してますねん
その中には、いつでも走ってるヤツもおりゃー、滅多に走らんヤツもおるんですわ

その滅多に走らんヤツを「大はしゃぎイベント!」として、撮影用にチャーターして走らせましてん



これが今回の主役、602号ですわ、「小倉アイス色した小倉の電車」ですわ
って漢字でかいたらややこしいですなぁ、「おぐらアイス色したこくらの電車」ゆーことですねん
つまり、あずきバー色した北九州の電車ですわ
1976年に広島に転勤して来ましてん、今は1両だけ残ってますねん





602号は北九州時代の懐かしい色ですねんけど、普段は平日の朝ラッシュ時に走る程度ですねん
休日はまず走ることは無いんですわ、で、ある休日、台風の中、撮影用に「貸切」運転して
全国から物好きな愛好家が20人も集まったそうな。。。仕掛人は私・・なんて口が裂けても言えませんわ〜


貸切やのに誰も乗ってないなんて〜



撮影用列車は宇品の広島港まで走りましてん
帰りは回送扱いですわ
江波車庫に帰って来てあらびっくり、隣にいるのは〜?
(車庫敷地内につき許可を得て撮影)





お、お、お、これは!! 1915年生まれの単車(二軸車)の156号ですわ、小さな可愛らしい小坊主みたいな電車ですなぁ
あの忌わしい原爆で被災し1952年に奇跡的に復活、1971年に一旦引退したのち、1987年に再度復活した、歴史の生き証人ですねん
普段は車庫の建屋の奥のほうに大事にしまってありますねん、お日さんの下に出て来ることは滅多にあらしまへん

(車庫敷地内につき許可を得て撮影)




156号は綺麗にしてはりますねん、ビューゲル上げてノッチ入れたら、ちゃーんと走りますねん
来年は被爆60周年、もういっぺん広島の市内を走って世界中に平和を唱えて欲しいもんですなぁ
(車庫敷地内につき許可を得て撮影)



156号の車内ですねん
ニス塗り板張りと白熱灯がエエ感じですわ
ピットの中から見上げてみましてん
なかなか立派な顔つきですわ
(許可を得て撮影)




三都物語 ♪きのう今日あ〜すぅ by谷村   もと京都 大阪 神戸の市内電車がまだまだ活躍してまっせ〜


もと大阪市電の750型は1940〜1950年生まれの超ベテランですねん
1965年以降22両が広島に引っ越して来たんですけど、今では僅か6両が残るのみ
このカタチが2両続いて走ることは滅多にありませんねん、昭和30年代の大阪に居てる様な錯覚に陥りますわ




もと神戸市電の580形は装飾電車で走ってましてん
装飾の取付け台座がついているのでいつも指名が掛かりますねん
省エネの広告ですわ、省エネには路面電車が一番でっせ




もと京都市電は1両がペイント電車になってますねん、素朴なタッチに好感が持てますわ
後ろに続いてるのが京都市電の原色ですねん



ついでに翌日、平日の朝の様子も眺めて来ましてん、台風が来てて大雨ですわ
朝ラッシュ以外では滅多にお目にかかれない車両の小特集ですねん

550型は広島電鉄のオリジナル、1955年生まれはまだまだ若僧
そやけど休日にはあんまり動きませんわ
650型は広電のオリジナル、1942年製で5両すべてが被爆しましてん
奇跡の復活を遂げ「被爆電車」としてラッシュ時を中心に走ってますねん
そろそろ疲れが見えて来たそうな・・・・




もと神戸市電500形は残るはあと2両、神戸時代の塗色で活躍中
特に江波車庫所属の584号は休日には殆ど走りません
もと神戸市電1150型は1両が最後の活躍
姉妹都市ハノーバーの広告塗装になってますねん




3連接車の3100形は新型車両に合わせた新塗装
これも朝専用ですねん
連接車ではない2両連結の2000形はサツマイモ塗装で活躍
これまた朝専用




今回の大はしゃぎイベントで協力頂いた広島電鉄鰍フ皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます

このページでは古い電車ばっかしですけど、広島電鉄では最新型の電車も走ってます、念のため・・

 ヤッパシ 広島の路面電車は楽しいですなぁ、過去の広島訪問記録ですわ
2003年6月 大阪の鉄チャン 広島 で大はしゃぎ!



トップページにもどる マップにもどる