2004年2月 大阪の鉄チャン 直方 で大はしゃぎ!



カナダ行ったついでに直方へ行きましてん (もうえぇっちゅうねん)
ここ筑豊電気鉄道は北九州市内と直方を結ぶ郊外電車ですわ
路面電車のスタイルですねんけど今は道路の上は走ってませんねん
冬場はバラエティーに富んだ車両運用を組んではるらしいんで行ってきましてん




1986〜1996年にかけて作られた新型電車ですわ
正面1枚窓、冷房付、シングルアームパンタグラフとか、近代的ですなぁ
普段はこれが主力として走ってますねん
これはこれで快適な電車ですねんけど・・・・・




2000系はヒヨコみたいな、GU-GUガンモみたいな顔した3車体連接車ですねん
長い車体なんでラッシュ時主体の運用に入ってるみたいですわ
元は西日本鉄道の福岡市内線の電車で、1976年の廃線時にこの地にやって来ましてん
ヘッドライトと塗装を改造してこのカタチになったんですけど、その当時はあまり人気なかったんですなぁ
それが、最近四角い電車が多くなって丸っこい電車が珍しくなってからは可愛らしさを感じるようになりましてん
パンタグラフが一生懸命背伸びして架線に届こうとしてるのがユニークでっせ




今回のお目当てはこれ、西鉄北九州線時代の色のまま走る2100系ですねん
やっぱヘソライト(前面のおへその部分に1つだけある前照燈)は路面電車スタイルの基本ですわ
落ち着いた色してまっしゃろ? 前面の塗り分けも嫌味の無いエエ感じですわ
行き先の表示が昔のチンチン電車風でホンマちっちゃいんですなぁ
冷房が付いてないんで夏場は走りませんねん、冬場は決まった列車にだけ使われてますねん



トップページにもどる マップにもどる