2003年2月 大阪の鉄チャン 小野田 で大はしゃぎ!



今日は本州最西端の山口県に来てますねん
JR西日本の宇部、小野田線で活躍を続けてきた
ムチャクチャ古い電車、クモハ42形が
遂に引退の時を迎えましてん
普段は朝夕にしか列車が走らんこの線区に、
この日はお別れイベントで昼間にも電車が走りましたんや




これが今回の主役、クモハ42001ですわ
昭和8年生まれ、戦前は関西圏、戦後は首都圏で活躍の後、
昭和30年代から山口県で走り続けてきましてん
昔ながらの懐かしいスタイルをよう保ってますなぁ





若い鉄チャンはこの電車を「旧国」(きゅうこく:旧型国電の略)と呼びますねん
私らは「ゲタ電」と呼んでますねん、なんでゲタ電やって?
本来はゲタ履きで気軽に乗れる近郊形電車と言う意味らしいんですが
子供ながらに、下駄=履くのは爺ちゃん=年寄り=古い電車=ゲタ電
或いは下駄のように真四角の電車やと当時は理解してましてん
私の母ちゃんは茶色いのは「省線電車」や言うて教えてくれたもんでした
この無骨なスタイルが頼もしい時代、あったんですわ




高さの変わるガスタンク、これも最近あんまり見掛けんようになりましたなぁ
昔は私の生まれ故郷の阪急宝塚線池田駅付近にもありましてん

長い鉄橋をのんびり走るクモハ42001
カモメが一羽、空から見送ってくれてますわ、それだけやおまへん
手前の架線にはえらいぎょうさんのカモメが出迎えの準備してくれてますねん





沿線では水仙が咲き始めてました




これが最近のクーラー付の軽快な電車ですわ
やけど車内に「木の暖かさ」とかは感じられませんねん





山口県には温泉が沢山ありますわ、宇部界隈にも天然温泉が有りまっせ

持世寺温泉上ノ湯は40℃以上のお湯が沸いてますねん
400円で銭湯(石鹸類なし)、1000円で露天風呂が楽しめますねん



トップページにもどる マップにもどる