2002年10月 大阪の鉄チャン 福井で大はしゃぎ!



福井と武生を結ぶ福井鉄道で、普段は滅多に走ることがない古い電車が、
この日限り、これまた古い行先板を掲げて走りましてん。



本日の主役はこれ、パンタグラフのついたモハ122は1950年生まれ、最近めっきり出番の少なくなった旧型の電車
懐かしい「田原町←→武生新」の行先板は、田原町の部分が黄色く塗ってあるんですわ
昔は行先を色で分けてたんですな。「田原町」って歌人の俵万智さんと関係あるの知ってはりましたか?
電車の後ろに見えるトンネルは冬場にポイント(転轍器)に雪が被らないようにする為の覆い、まさに雪国の装備ですな




上の写真の反対側の電車はクハ122いいまして1929年生まれ、愛知県の三河鉄道から名古屋鉄道を経て福井にやって来ましてん
前面に貫通扉があるのとおでこがカーブしててモハ122とは表情が少し違いますなぁ
福井鉄道は併用軌道(路面電車区間)を走るので、前面床下に排障器をつけてますわ
こっち側の行先板は矢印部分が赤いんですが、私らこんな些細なところまでも気にしますねん




いつも走っているのはこんな電車、フロントガラスが天才バカボンに出てくるおまわりさんの「つながった目」みたいですな



広告電車も走ってます。ウルトラマンみたいな色のJ−フォン電車(左)と、移動マーケット、ではないサンクス電車(右)





極めつけは広告電車の中でも最近流行の「高橋尚子」電車、結構各地で走っているという噂が・・・
1編成に顔写真が18カ所もありますねん




大阪の鉄チャン アーカイブス 1998


(おまけ)私らがよく見かけた行先板はこんなんでしたわ。「武生←→福井」
1998年10月撮影




トップページにもどる マップにもどる