2002年7月 大阪の鉄チャン 長崎 で大はしゃぎ!


長崎市内を走る路面電車「長崎電気軌道」には全国各地からやって来た古い電車が今でも活躍してますねん。おまけに各地のオリジナルの色のままで走ってますんで、懐かしい電車に会えまっせ。
1乗車たったの100円も嬉しいですなぁ。一日乗車券もおトク。


これは凄い!!のコーナー
あれーっ!! ここはどこ? 東京ちゃうの? ・ ・ ・ この色はご存じ、懐かしい元東京都電ですわ、昭和30年生まれ、昭和44年には長崎に来たそうで、当の都電には既にこの丸っこい車体、この黄色の電車はもう残ってませんねん。長崎では大事に使ってはります。貸切って書いてあるのに誰も乗ってへんのはなんででっしゃろか?




この電車は元仙台市電ですな。こんな色やったそうですわ。杜の都、仙台に昭和51年まで路面電車が走っていたことを知ってる人も少のうなったんと違いますかなぁ、廃止と同時に長崎の地にやってきたんですわ。「仙台から51年に来た、センダイから51年、1000台から51年、1000代の51、1051、そうや1051号車にしまひょ」ってホンマかいな?



この色を見て昔の熊本市電や、言うて分かる人はあまりおりませんやろ。本家の熊本市電の色が新しい白っぽい色に変わってますからなぁ。でもこの型の電車にはこの色の方が似合ってる思いますけどなぁ。




だんだんけったいなモンが出てきましたでぇ、ウクライナの国旗みたいな、どう見ても日本離れした強烈な色ですなぁ。そやけどこれが長年活躍した箱根登山鉄道小田原市内線のオリジナルの色やそうですわ。元はと言えば大正14年生まれの東京都電ですわ。意外と窓大きいんでっせ。


極めつけはこれですわ。明治44年生まれの現役日本最古の木造電車、昭和34年に西日本鉄道北九州線からやって来ましてん。何度か改造されとるんですが本物ですわ。せやから最近流行のレトロ調新造電車と一緒にして貰ろたらあきませんなぁ。 街中をゴロゴロ音を立てて走って来ると市民の注目の的でっせ。



オリジナル電車もよろしいでっせ〜


思案橋電停の近くのSカーブを下ってくる赤迫行き、ところで思案橋ってどこにあるのん?





これが長崎電軌のオリジナルの塗色ですわ。結構落ち着きありまっしゃろ。




車中でビールが飲める電車はこれ!!
ビールは飲み放題ですわ。但し完全予約制
長崎やのにサッポロビールやとはこれいかに?




車中でラーメン食べられる電車はこれ!!
んな訳おまへんやろ!!
これはチキンラーメンの広告電車でラーメンの外袋のデザインそのままですわ
3分間待っても何も出てきませんで

長崎電軌では比較的早い時期から全面広告電車を走らせてますねん。



最新型はLRT風のデザインなんですけど低床車やないんですわ、段差ありますねん。
そやから言うてニセダンサーなんて呼ばんといてんかぁ




長崎市内の天然温泉はここ、ジャグジーもありまっせ



トップページにもどる マップにもどる