2002年5月 大阪の鉄チャン 取手 で大はしゃぎ!


茨城県の取手と下館を結ぶ関東鉄道、一昔前は旧型気動車の宝庫として、
愛好家には知られた存在やったんですが、最近の新型気動車はどうも・・・、
と思いつつも行ってみたところが、えらいモンが走ってましたで。




うわぁ〜カバや、カバが笑って歯見せながらのっそりと走って来ましたでぇ
こいつはDD502型ディーゼル機関車いいまして、1956年10月生まれ、
今となっては珍しいロッド式の台車を履いててチャカチャカ音を立てながら走るんですわ
普段は車庫の奥で休んでいることが多いようですな
後ろにつながっているのが新型のディーゼルカーですわ




この機関車は前と後ろで全く違う顔をしていますねん
こっち側は歯を見せてませんねん。前面にラジエターグリルが無く、あっさりとした顔ですな




定期列車で活躍するキハ102型青とクリーム色の塗り分けはレトロ調気動車と呼ばれてますわ




鉄チャンと言えば温泉、本日は日帰り温泉、こちらでござい・・・ビアスパークしもつま
日帰り温泉に最適ですな、綺麗な設備ですな、地ビールもありますな、
車で行ったからビール飲めまへんな、辛かったですな



トップページにもどる マップにもどる