2001年夏 大阪の鉄チャン 黒部 で大はしゃぎ!


黒部峡谷鉄道と言えば観光用のトロッコ列車が有名ですな
宇奈月温泉もありシーズンには大勢の観光客が訪れますわ

せやけど私らが目指すのは関西電力のダム工事用に運転されてとる
余り知られてへんマイナーな貨物列車
とりわけ今ではごく少数派となった古い凸型機関車なのですわ〜



黒部峡谷鉄道は皆さん知ったはる通り、景色の良いところを走るんですが
その険しい地形上、写真撮影できるポイントが限られていますねん
実際に乗車してみないと景色の素晴らしさは分かりませんなぁ


おっと、この機関車、貴重な凸型でっせ



この凸型機関車EDS13は1957年製、いつもは宇奈月駅の構内で入換作業をしているんですが
時たま区間貨物列車を牽引して本線走行もしていますねん




黒薙の鉄橋を渡る箱形機関車牽引の貨物列車ですわ

この少し上流に宇奈月温泉の源泉と言われる黒薙温泉の混浴露天風呂がありますねん
勿論行って来ましたでぇ、脱衣のテントがあるだけの簡単なモンですわ
アブに追いかけられて大変、それも露天風呂ならではですな
そばの宿で簡単な食事もできますわ、風呂上がりのビール&おにぎりは絶品ですな
鉄道撮影と温泉巡りと酒を組合わせる、これこそ、おっちゃん鉄チャンの究極の息抜き



追加情報(こんな列車も見掛けました)

非電化支線用の貨物列車はディーゼル機関車が牽引してますねん



追加情報 その2(ここにおりましたで)

最古参凸型機関車のED10は鉄道の終点、欅平で入換えに従事してましたわ
1934年製車体のリベットの無骨なところが、力強さ、年代を感じさせますなぁ




トップページにもどる マップにもどる