2001年12月 大阪の鉄チャン 高松 で大はしゃぎ!


香川県高松市郊外を走る高松琴平電鉄では
まだまだこんな古い電車が大活躍していまっせ



志度線 20型

大正14年生まれ、元は近鉄南大阪線の電車ですわ。昭和37年にはるばる高松にやって来ましてん。
最近は出番が少なくなりつつあるんですが朝ラッシュには元気な姿を見せてくれますねん。
古い電車ですが非常に良く手入れされてますさかい、レトロ感覚の電車の旅を味わいに
高松へ来ておくんなはれ、
瀬戸内海に沿って走る景色の良いところもありますで。





長尾線 60型 67

この電車も大正15年生まれ、東北の宮城電鉄の木造車が国鉄を経て高松にやって来ましてん。
昭和40年に車体を更新したんですが、その時期に似合わず一昔前の、角張った車体、
丸い屋根、小さくて奥まった窓、飛び出したヘッドライトとテールライト、大きなパンタグラフ
などなど、戦車のような重厚さで出来上がってきましてん。




トップページにもどる マップにもどる